更新情報

2020/08/14/ (金)
くまさん横浜ブログ【タキオンさんに事業所見学に行きました!】
2020/08/12/ (水)
くまさん横浜ブログ【外食体験の目的と意味】
2020/08/09/ (日)
くまさん横浜ブログ【ボウリング+外食体験!】
2020/08/07/ (金)
くまさん横浜ブログ【夏は、プールだ!】
2020/08/05/ (水)
くまさん横浜ブログ【金沢動物園に遠足!】

 くまさん横浜は、横浜市港南区日野南6丁目にある、障がい児対象の放課後等デイサービスです(場所はこちら)。

 利用できるお子さんは、横浜市内の学校に通う障害があるお子さん(小学生~高校生)の知的障がい児です。

 場所柄、主に港南区・栄区の児童が多く通っていますが、遠く戸塚区や磯子区、南区からも通われているお子さんがいらっしゃり、合計10校の地域の小中学校から児童が集まっています。ご利用方法等は、どうぞお気軽にお問い合せください。

【最新記事】【タキオンさんに事業所見学に行きました!】

【タキオンさんに事業所見学に行きました!】

 くまさん横浜では夏休みのような時間の取れる時に、中高生を対象に「事業所見学」の活動を行っています。これは、学校(やくまさん)を卒業したあとに行く、オトナの障害者の事業所へ実際に見学に行き、作業の体験などをする活動です。

 今年も昨年同様、保土ケ谷区の社会福祉法人・幸会(さいわいかい)様の「タキオン」と呼ばれる事業所にお邪魔いたしました。今年も「タキオンブライト」「タキオンルミナス」という2つのB型作業所と、「タキオンライフ」というグループホームを見学させていただきました。

 実際にオトナの障害者のみなさんが働く様子を見学させていただいたあと、それと同じ作業を体験させてもらいました。ブライトさんでは「健康食品の箱づくり」「数を数えての商品の箱詰め」を、ルミナスさんでは「ガス給湯器の解体」「スマホ充電器の電池装填とパッケージ」などを体験させていただきました。

 当日は保護者の方にもご同行いただき、学校を卒業した子どもたちがどのような職場や住居で生きていくのか、ということを実際に見ていただきました。もちろんお子さんの障害特性や好みによって様々なお仕事があります。が、やはり「仕事」となると学校の授業とは違い、作るものや作業の時間に一定の水準が求められます。そうした「オトナの仕事」をお母様方に実際に直接見ていただきました。

 またグループホームでは、共用部分だけではなく、実際に居住しているお部屋を許可を得て拝見させていただきました。タキオンさんのグループホームは、すべて個室であるだけでなくバス・トイレと簡易キッチンが室内にある「ホテル仕様」で、プライバシーが保てる素敵なワンルームでした。「こんなところに息子が住めるといいわー」とお母様方からため息が漏れるほど素敵なお部屋で、実際に入居者待ちでなかなか空きが出ないのだそうです。

 実は保護者の方がこうした「大人の事業所」を見学したり作業を実際に体験する機会はなかなかありません。特にグループホームは「自宅」ですから、外観だけならともかく、実際の室内を他人が見られる機会はあまりなく、大変貴重な機会でした。実際参加されたお母様方からは「将来の進路を考える参考になりました」「参加してよかったです」と喜びの声をいただきました。

  今年はコロナ禍の中、多くの事業所に訪問をお断りされたのですが、幸会様にはくまさんのこうした活動の意義をご理解いただき、快く見学をお引き受けいただきました。今回の活動にご尽力いただきましたタキオンルミナスの小清水様、誠にありがとうございました。

 くまさん横浜は、このように地域のオトナの事業所とも手をつなぎ、障害あるお子さんの将来を真剣に考えている放課後等デイサービスです。


※くまさん横浜では、児童の写真は保護者の許可を得て掲載しております。
当ページで使用している写真の無断コピー/使用はご遠慮ください。