【2018年度・新入生募集開始しました!】

 くまさん横浜では、2018年度の新入生の募集を開始しました。施設見学、おやこ面談などの申込みを随時受けつけておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。対象は横浜市南部(港南区・栄区・戸塚区・南区・磯子区等)の知的障害のあるお子さん(小1~高3)になります。

 なお、新小1年生の通所は4月1日以降となりますが、それ以上の学年であれば4月以前に通所を始めていただくことも可能です。ご相談ください。

 ★新規利用のお問合わせはこちらのフォームからどうぞ(24h対応) → お問い合わせフォーム 
 ★お急ぎの方はお電話でもご相談を承ります。
 ☎045-349-4713(045-「さみしくしないさ!」)
(月~土 10:00-19:00 日・祝休)

更新情報

2018/02/12/ (月)
くまさん横浜ブログ【鹿を見に行きました】
2018/02/06/ (火)
くまさん横浜ブログ【ねんど遊び】
2018/02/05/ (月)
くまさん横浜ブログ【くまさんの節分②恵方巻を作りました!】
2018/02/04/ (日)
くまさん横浜ブログ【くまさんの節分①豆まきで鬼退治!】
2018/02/03/ (土)
くまさん横浜ブログ【鬼の面づくり】

 


 くまさん横浜は、横浜市港南区日野南6丁目にある、障がい児対象の放課後等デイサービスです(場所はこちら)。

 対象は、横浜市内在住の「特別支援学校」や「個別支援学級」に通学中の小学生~高校生の知的障がい児です(小中生は「くまさん横浜」で、中高生は「くまさん横浜NEXT」で、それぞれの部屋で別の療育活動を行っています(活動内容はこちら)。

 場所柄、主に港南区・栄区の児童が多く通っていますが、遠く戸塚区や磯子区、南区からも通われているお子さんがいらっしゃり、合計15校の地域の小中学校から児童が集まっています。ご利用方法等は、どうぞお気軽にお問い合せください。

 

【最新記事】【鹿を見に行きました】

 【鹿を見に行きました!】

 くまさん横浜では、小学生から高校生までが放課後や学校休業日の時間を過ごしていますが、「遠くへのお出かけ」を比較的実施しています。先日、中高生たちが「鹿」を見に行きました。と言っても行き先は動物園ではなく、なんと神社です。

 くまさんの近くにある横浜市戸塚区に、相州春日神社 という神社があります。ここは鹿で有名な奈良の春日大社から鹿が下賜されており、神社の裏庭に神様のお使いとして鹿が飼われています。こちらにくまさんの子供たちがおじゃましました。

 神社ですから、到着したらまずはご参拝です。手水を使い、本殿で柏手を打ってご参拝し、神様にご挨拶をします。そして全員のお参りが済んだら、いよいよ裏の鹿苑です。

 神社の裏手にある鹿苑は意外と小ぢんまりしていて、幼稚園の園庭くらいの広さです。そこにオスメス合わせて10~15頭程度の鹿たちがいます。

 柵の中にいる鹿は意外に人馴れしていて、子供たちの姿を認めると柵まで寄ってきて餌をねだり始めます。鼻面が柵から出ると、近くによってきた鹿の迫力に驚いて「うわー」「大きいねー」と子どもたちから声が上がりました。また、立派な角が生えたオス同士が、中で角を突き合わせて小競り合いを始める場面もあり、闘牛ならぬ「闘鹿」の様子にはみんな目を奪われて、カンカンという乾いた音を立てて角をぶつけ合う鹿どうしの戦いに、食い入る様に見入っていました。

 鹿は、犬や猫とは違い、ふだんなかなか町中や公園で見られるような動物ではありません。しかし動物園に行くと、他にも様々な動物がおり、一つの種類の動物だけをじっくり見ることはありません。こうした「一つのものをじっくりと見る」観察の機会も、子どもたちにとってまた意味ある体験になってくれれば良いなと考えています。

 くまさん横浜では、こうした「なかなかご家庭で行けないところ」にも積極的に足を伸ばし、子どもたちとお出かけしています。それは 子供たちが大人になる準備として、この時期に色々な「人」、色々な「物」、色々な「場所」の体験を積んで「練習」しておくことに意味があると考えているからです。
 
 毎回、一つ一つの活動は小さな体験かもしれませんが、これをコツコツと1ヶ月、3ヶ月、半年・・・と繰り返していくことで、子供たちの心の中に積み重なって行く体験が、将来、彼らの人生にとって大事な思い出や技術になっていくことがあれば、職員にとって最高の喜びと考えています。
 
 くまさん横浜は、子どもたちに様々な体験を通じ、人生を豊かにしていくことを目指している放課後等デイサービスです。


※くまさん横浜では、児童の写真は保護者の許可を得て掲載しております。
当ページで使用している写真の無断コピー/使用はご遠慮ください。