更新情報

2021/10/04/ (月)
くまさん横浜ブログ【避難訓練と非常食の試食を行いました!】
2021/09/28/ (火)
くまさん横浜ブログ【おそうじー!】
2021/09/17/ (金)
くまさん横浜ブログ【傘袋チャンバラ!】
2021/09/13/ (月)
くまさん横浜ブログ【一條先生、ゼッケン225。】
2021/09/10/ (金)
くまさん横浜ブログ【ラストスイカ割り!】

 

くまさん横浜は、横浜市港南区日野南6丁目にある、障がい児対象の放課後等デイサービスです(場所はこちら)。

 利用できるお子さんは、横浜市内の学校に通う小学生~高校生の知的障がい児です。

 場所柄、主に港南区・栄区の児童が多く通っていますが、遠く戸塚区や磯子区、南区からも通われているお子さんがいらっしゃり、合計10校の地域の小中学校から児童が集まっています。ご利用方法等は、どうぞお気軽にお問い合せください。

【最新記事】【避難訓練と非常食の試食を行いました!】

【避難訓練と非常食の試食を行いました!】

 台風一過で久しぶりにきれいな青空の見られた土曜日、くまさん横浜では避難訓練を行いました。これは1年に2回、子どもたちと職員で行っている行事で、事業所から地域の「いっとき避難場所」「防災拠点」まで実際に移動して避難します。

 今回も「地震が起き、いったん机の下に避難したところ、火災が発生したので施設を脱出」という想定で行いました。

「地震だー!」の掛け声で、ドアの近くにいた先生がただちに玄関を開け、子どもたちは机の下にもぐります。そのうちに火が出たので先生方が消火器を持って駆けつけます。が、消しきれず火の手が回り始めたので、脱出して避難開始です。

 建物の下で小学生とNEXT(中高生)が全員合流し、一緒に避難場所へ向かいます。途中、「いっとき避難場所」の日野町原第一公園を通過。最終目的地の防災拠点、日野南小学校の裏門まで約6分で歩ききりました。

 そして帰りは避難場所の原第一公園で、自由時間を取り、みんなで公園遊びをしました。ブランコやすべり台、鉄棒に木登り、追っかけっこ・・・と先生たちも子どもたちと一緒になって公園遊びを楽しみました。

 たっぷり公園で遊んだあとに帰ってきたらちょうどおやつの時間になりました。

 この日は「非常食」がおやつになりました。アルファ米という「お湯だけ注げば食べられるお米」で作った「五目ご飯」「山菜おこわ」「エビピラフ」「ドライカレー」などの非常食を子どもたちに食べてもらいました。

 「地震になった時はこういうの食べるんだよー」などと言いながらみんなで食べたのですが、ふだんとはちょっと違ったおいしそうなおやつにみんなも興味津々。お茶碗一杯分くらいの量だったこともあり、中高生はおいしそうにぺろりと平らげる子も多く、用意した20食ほどはあっという間になくなってしまいました。

 なおこちらの非常食は、ジェネクサス・ジャパン株式会社 代表取締役社長の大脇 文雄様よりご寄贈いただきました。子どもたちに貴重な体験の機会ができましたこと感謝申し上げます。大脇社長様、そしてご担当の木下洋子執行役員様、本当にありがとうございました。

 「備えあれば憂いなし」といいます。くまさん横浜ではこうした「防災」についてもふだんから意識して子どもたちの安全について考えており「こどもの安全」を何より大事にしている事業所です。


※くまさん横浜では、児童の写真は保護者の許可を得て掲載しております。
当ページで使用している写真の無断コピー/使用はご遠慮ください。