更新情報

2017/02/16/ (木)
くまさん横浜ブログ【けみ先生のアート療育、やってます!】
2017/02/15/ (水)
くまさん横浜ブログ【地域の障害児達の絵の展示を、けみ先生と見に行きました!】
2017/02/11/ (土)
くまさん横浜ブログ【レストラン体験】
2017/02/07/ (火)
くまさん横浜ブログくまさんの節分
2017/02/02/ (木)
くまさん横浜ブログ【「豆まきカップ」の製作】

くまさん横浜は、横浜市港南区日野南6丁目にある、障がい児対象の放課後等デイサービスです(場所はこちら)。

■対象: 横浜市内在住の「特別支援学校」や「個別支援学級」に通学中の小学生〜高校生の知的障がい児
(中高生専用デイサービス「くまさん横浜NEXT」を併設し、高校生の受け入れを開始しました)
■お預かり時間: 主に放課後や夏休みなどの学校休業日
■活動内容: 生活能力向上のために必要な療育活動や遊び、社会との交流の促進等を行っています(活動内容の詳細はこちら)。

場所柄、主に港南区・栄区の児童が多く通っていますが、遠く戸塚区や磯子区、南区から通われているお子さんもおられ、合計15校の地域の小中学校から児童が集まっています。

ご利用方法等は、どうぞお気軽にお問い合せください。

【最新記事】【けみ先生のアート療育、やってます!】

【けみ先生のアート療育、やってます!】

 くまさんでは、国際的芸術家のけみ芥見先生をお招きし、アート療育の活動「DAC」=「ディセーブルド・アーツ・チャリティー 」を行っています。12月の初めての展示会は大盛況でしたが、すでに子どもたちは今年の秋に予定されている展示会に向けて作品の制作を始めています。

 先日も、くまさんにけみ先生がいらしていただき、制作活動を行いました。今回のテーマは「クレヨンと色鉛筆の 表現」がテーマでした。けみ先生の活動では、ご指導によって「墨」や「絵の具」を使う場合もあり、子どもたちの多彩な表現について、様々なツールを使っています。

 くまさんでは、こうしたアートを「就労技術」と考え、子供たちの将来に役立てる仕組みづくりに取り組んでいます(今年も11月に展示会を行います)。

 DAC(=ディセーブルド・アーツ・チャリティー)の公式ページはこちら

 世界的に活躍する芸術家に絵を習い、ともに作品を制作するというようなことは、たとえ健常児であっても、大人であってもめったにあることではありません。くまさん横浜では、こうした一流のプロフェッショナルにご協力をいただき、障がいを持った子どもたちに、高い質の日中活動を提供していきたいと考えております。

 芸術作品の制作は、子どもたちの「センス」と、けみ先生の「才能」とのぶつかり合いです。今年はまたどんなすばらしい作品ができ上がるのか、半年先を見据え、職員たちも今から楽しみにしています(^_^)。


※くまさん横浜では、児童の写真は保護者の許可を得て掲載しております。
当ページで使用している写真の無断コピー/使用はご遠慮ください。