担任制導入のお知らせ


担任制導入のお知らせ(9/26)

 くまさん横浜では、10月より療育体制の改革を行い「担任制度」を導入しますので、保護者の皆様にお知らせいたします。

 これは学校同様、すべての児童/生徒に「担任」の職員を決め、よりキメ細かにお子様の成長について把握し、支援に活かしていく体制を整備するものです。もちろん、これまでの児童発達支援管理責任者(小中:池端/NEXT:櫛田)は、従来通り、療育の責任者として引き続き業務を行いますが、それに加えてひとりひとりのお子様の担当職員(正職員)を決め、日頃の日中活動においてより一貫した支援体制を整えることを目的としております。

 したがいまして今後、「保護者面談」「個別支援計画の作成」などにも、児発管とともに「担任」も同席させていただき、日頃のくまさんでの状態をご報告申し上げたり、ご家庭や学校などのご様子をお伺いしたりすることになりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 なお担任の「期限」については、特に大きな変化や必要のない限り「数年」の単位で考えております。子供の成長の変化や上達などは、時間をかけて観察し把握していく必要があるため、1~2年での「担任替え」は想定しておりません。したがいまして担任職員とは児童を通じて「長いおつきあい」となりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 それぞれの児童/生徒の担任については追ってお知らせいたします。どうぞお楽しみにお待ち下さい。10月から始まる保護者面談が、担任職員が同席させていただく最初の面談となります。どうぞよろしくお願いいたします。

 皆様方ご存知の通り、近年、この地域にも多くの放課後等デイサービスの事業者が増え、それぞれ様々な特色を持った事業所によるサービスが実施されるようになってまいりました。その中で私たちは、保護者の皆様と児童/生徒本人に、真に必要とされる価値ある事業所でありたいと考えております。障がいを持った子供たちの単なる「預かり」「見守り」「時間つぶし」ではなく、また子供たちのことを「十把ひとからげ」に考えるのではなく、一人一人の子供の個別の状態や成長の様子をきちんと把握し、そして彼らの人生や将来についてご家庭とともに真剣に考え、ともに歩んでいく「成長の場所」であることが、くまさんの目標です。

 最初は不慣れなこともあるかと存じますが、その際にはどうぞ忌憚のないご叱正を職員たちにいただき、ご指導・ご鞭撻を賜りたくお願い申し上げます。また本件につきましてご不明の点がありましたら、どうぞ私までお気軽にお問い合わせください。

 引き続きくまさん横浜は、職員一同一丸となってこの地域での「最高の放課後等デイサービス」を目指してまいります。大切なお子様の将来に微力ながら寄与してまいりたいと存じますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。